家を長持ちさせるなら|優良外壁塗装業者の見極め方を紹介

頑丈な塗膜の形成のため

作業する人

塗料の質と業者の腕

戸建て住宅の外壁には、厚さ1.4センチほどの繊維強化セメント板が使われています。これは、強度が高い上に防火面でも優れているのですが、寒暖の差にやや弱いという性質があります。具体的には、暖かい日中には膨張し、涼しくなる夕暮れ後には縮み、それを繰り返すことでもろくなっていくのです。これを防ぐために、多くの戸建て住宅で定期的に外壁塗装が行われています。暑さにも寒さにも強い塗料が塗られるので、外壁塗装後には膨張と収縮が少なくなるのです。ただし効果の持続期間は、使用する塗料と施工する業者の腕によって違ってきます。純度の高いセラミック系またはシリコン系の塗料を丁寧に2〜3回塗った場合は、頑丈な塗膜が形成されることから、外壁塗装の効果は10〜15年ほど持続します。しかし多めの水で薄めた塗料を塗った場合や、1回しか塗らなかった場合、塗膜は風雨の衝撃で簡単に剥がれてしまいます。また高純度の塗料を複数回塗っても、塗り方によっては内部に気泡ができることがあります。気泡は日光の熱で膨らむので、それにより塗膜は押し上げられ、やはり剥がれることになるのです。したがって外壁塗装は、品質の良い塗料を使う上に、腕も良いという業者に依頼することが肝心と言えます。また、施工後に気泡などが生じた場合に、どのように対応するのか事前に確認しておくことも大事です。無料でのサポートを行う期間や対象などを記した保証書を発行してもらうと、より安心できます。

一軒家

オリジナル塗料には要注意

外壁塗装の営業マンのセールストークでオリジナル塗料を使っているから安くできますといったトークがありますが、見積もりをとって見るとわかる通り施工代金のうち塗料代が占める割合は少なく人件費がほとんどです。オリジナル塗料〜を言い出す業者を信頼できない場合には埼玉を知り尽くした業者を選んだほうが安心です。

作業員

劣化の防止や改善に

外壁の状態が悪くなると、住宅全体の見た目が悪くなりますし、雨漏りなどが発生しやすくなります。しかしリフォームにより、それを防止できるようになります。たとえば塗装をすれば、外壁は雨水や衝撃に強くなりますし、重ね張りや張り替えをすれば、新築時のように美しく頑丈になるのです。

ペンキ

外壁が汚れ傷みには

埼玉で外壁塗装を依頼するなら、業者を比較してから依頼するようにしましょう。埼玉の外壁塗装をしてくれる業者は各業者ごとに費用、保証期間、実績などが異なっているので、複数の業者を比較して選ぶようにしましょう。