家を長持ちさせるなら|優良外壁塗装業者の見極め方を紹介

  1. ホーム
  2. 劣化の防止や改善に

劣化の防止や改善に

作業員

塗装や張り替えで

外壁は、住宅を美しく見せたり守ったりする役割を担っています。したがってこれが劣化すると、住宅全体がみすぼらしく見えるようになりますし、さらには耐久性も低下します。具体的には、カビや雨染みなどの汚れが目立つ上に、割れやすくなることから、雨漏りの発生リスクが上昇するのです。ところがリフォーム工事を行えば、外壁の劣化を防いだり、劣化した状態を改善したりといったことが可能となります。外壁のリフォームには、塗装と重ね張りと張り替えの3種類があるのですが、いずれの場合も耐久性が大幅にアップすることになるのです。たとえば塗装をすると、ウレタンやシリコンなどの弾力のある塗膜によって、外壁は雨水や衝撃をブロックできるようになります。たとえ表面に汚れが付着しても、塗膜には撥水性があるので、雨で自然に洗い流されるのです。また、重ね張りとは新しい外壁を、既存の外壁の上に設置するというリフォームです。外壁の厚みは1.5センチ程度なので、重ねて設置しても住宅が膨らんで見えることはありません。それでいて住宅には、新築時のような美しさと強度とが与えられるのです。そして張り替えでは、古い外壁を除去した上で、新しい外壁を設置することになります。古い外壁の状態が極端に悪くなっている場合には、取り外した方が、リフォーム作業が進みやすくなりますし、仕上がりも美しくなるのです。一般的には、塗装では約10年、重ね張りや張り替えでは約20年、雨漏りなどのトラブルが防止されるといわれています。